衝動的にすべきでないキャッシング

手元に資金がない限り、それは何らかの形で補わなければならなくなります。個人事業者の立場からすると、毎月の収入はどうしても変動がありますし、時には思いがけない出費が仕事の関係で出てくることもあります。

仕事を絶やさないようにするには、お金を借りざる得ないことがあります。もちろんなるべくならキャッシングは避けたいものです。というのもやはりお金を借りるというのはその分利息が上乗せした分を返済しなければならなくなるからです。

それでもすぐにお金を借りられる先としてキャッシングを不可欠な存在として重宝しています。これまでお金を借りた目的は事業を継続するためや生活を守るという基本的な大前提がありました。

その大前提を崩してしまうと、キャッシングの申し込みのハードルを大幅に下げてしまうという不安を感じています。そのような理由から悪いキャッシングもやはりあると思っています。その最もといえるのが衝動的にするキャッシングです。

何かほしいものを見つけてそれを買い求めたいがためにするキャッシングは最悪だと思います。冷静に時間がたつと衝動的にほしくなったものもそれほどのものではなかったり、我慢できる程度だということはよくあります。

あまり急いでキャッシングをしてから後悔をして、辛い返済をしなければならなくなるというのはよくないことです。お金を借りるということには当然返済も付きまといますから、返済の計画をたててからするべきです。

入院時に看護師のやさしさに触れたときの話

私は以前虫歯を放置していたせいで、虫歯菌が上あごの骨にまで侵食してしまい、重度の蓄膿症にかかってしまったせいで入院したことがあったのですが、そのときにお世話になった看護師さんには、今でも思い出すたびに感謝の思いで一杯になってしまいます。

蓄膿症の手術を終えた日に私は術後の痛みと出血でうなされていたのですが、私には見舞いや看病に来る家族もいなく、入院中も孤独が支配していました。

そんな私にやさしく接してくれたのが、その当時私のお世話をしてくれていた看護師さんでした。
私が痛みと出血でうなされているときも励ましの言葉を常にかけてくれていて、そのことが私にとっても大きな安らぎを与えてくれたのです。

私はあの看護師さんがいなかったら入院中ずっと一人で痛みと出血に耐えていたと思うと、人の心のぬくもりというものの大切さに改めて気づかされたんだと実感しています。

私はそのときの入院時の体験から、人と人との絆を大切にいていこうと思い始めました。

参考:企業看護師の求人

検品力を上げるとどこの職場でも通用するので便利です。

私は育児が落ち着いてから、子供を保育所に預けて食品工場でパートをするようになりました。

主な仕事は、ベルトコンベアーで流れてくる製品を傷がついてないか検品してダンボールに詰めていく作業。それを延々一日中続けます。
慣れてくるとどんどんスピードが上げられ、検品と箱詰めをほとんど同時にこなさなければなりませんでした。

製品を持ち上げながら検品してそのままの流れでダンボールに詰める。
しかしそれだけではなく、製品の向きも間違えてはならないので、単純な作業に見えても、少しでも効率をよくするために脳はフル回転状態でした。

検品をする場合、じっと傷がないか見ていては間に合いません。
なので、よく言われますが「目を皿のようにして」一瞬の内に見極めなければいけません。
視線で傷を探すのではなく、視界で製品の全体を捉えるイメージです。
そうすると数か所の傷が一度に把握できるので、すぐにはじき出す事ができます。

この検品の作業はどこの工場でもつきものなので、一度覚えておくと、転職の際のアピールポイントにもなります。

託児所つきの看護師は誠意ある対応プラス優しさ

看護師求人(託児所つき)で採用された看護師はお子さんがいるので、子供の気持ちがよく分かると思う。

病院に行くのは自分の体調が悪い時だけでなく、親や子の付き添いだったりもする。共通するのは、どんな場合でも「不安」を抱えている状況だということ。病院で一番接する相手は看護師。

しかし専門知識は医者から得られ、院内の案内は受付で対処できるので、看護師からは専門作業にプラスした温かさを感じたいと思う。

高熱を出す子どもの検査結果を待つ間、「素肌を素手でさすってあげると、子どもは安心するし熱っぽさも取れますよ」と声かけしてくれた、自身も母である看護師がいた。

その一言で、待ち時間にやるべきことが出来、大人も子どもも落ち着き、まだですかと詰め寄られる心配が職員たちにもなくなった。

逆に、自分の仕事がこなせず苛立ちながら、付き添いに対し、本来自分がやるべき作業を押し付ける看護師もよくいる。多忙と緊張が強いられる仕事だと頭では理解できる。

しかし看護師には、状況に左右されずに、患者に対し誠意ある対応ができることを求めたい。そしてそこに人としての優しさが少しプラスされれば最高である。

旅行中に怪我をしてしまいゼミのみんなに迷惑をかけてしまった

大学生時代の話しですが、ゼミのみんなで先生も含めて旅行にいこうという話になりました。船にのって島まで旅行しにいきました。

昼は観光地を巡って色々美味しいものを食べたり、買い物をしてまわったりと大人数の全員で10名くらいでしたがすごく和気あいあいと旅行を満喫していました。

夜はバーベキューで盛り上がり、夜中までみんなで恋愛の話をしたりすごく楽しかったのを覚えています。

朝まで語っていて、朝日が見えるということで、朝日を見にホテルから海岸へ行こうとしているときに、階段を踏み外して私がこけてしまい足をくじいてしまいました。そして肘からも血が出ていました。病院以外の看護師を探しましたがいませんでした・・・。

すごく楽しくて、これから感動を味わおうと思っていた矢先に起こったことです。病院へ行かないといけないことになり、船で島を出ることになりました。先生が私を連れて、町の病院へ連れていってくれました。島だったので早朝の便が出ていなくてすごく待たされたのを覚えています。そしてすごく傷んだので応急処置で船の人が包帯をまいてくれたり、氷を持ってきてくれたりしました。

すごく申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、感謝してもしきれません。

大学病院で経験した傷ついた心と体の痛みを和らげてくれる看護師

子宮筋腫で子宮の全摘出手術を受けた。

午前中仕事をしてから入院、翌日は手術という慌ただしさだった。手術としては成功したが、何ともいえない喪失感と術後の痛みは耐えがたい。眠っていても、鎮痛剤が切れるとともに目が覚める。しかし、一定時間を置かないと次の薬は投与されない。

そのとき、様子を見に来てくれた看護師は、私の目の高さまでしゃがみ「何もできなくてごめんなさい」と私の手を優しく握ってくれた。本当に心配してくれているのが伝わる表情だ。このとき「癒し」という言葉の意味を初めて実感した。「大丈夫です。まだ我慢できますから、他のもっと大変な方のところに行ってください」と私は言った。

翌朝、妹が「看護師さんたちが、お姉ちゃんの痛みをどう和らげるか話し合っていたよ」と驚いていた。数日後、検温にきた他の看護師は、私が洗顔したばかりであることに気づき「どうぞお肌の手入れをしてください」と待ってくれた。

高度先進医療を担う大学病院での話である。看護師もみな高い教育を受けている。しかし、そこで経験したのは温かい眼差しと手のぬくもりであった。やはり大きな病院の高収入の看護師は違うなと思った。(☆看護師高収入 病院

アメリカ移住に備えてスーパーの畜産部門へ転職

私は来年中にアメリカへ移住する事が決まっていますが、その際に直ぐに職を手にすることが出来る様にどの様なスキルを手にしておくべきか考えていました。

今までもう7年近く技術翻訳の仕事をしてきたのですが、面白くなさ過ぎるので転職を考えていました。

以前からスーパーマーケットの様なビジネスには興味があり選択としてキープしていたのですが、アメリカのスーパーの畜産部門で働いている人達の自給を聞いてビックリです。

日本ならまぁ時給850円くらいからスタートでしょうが、アメリカなら何と(カリフォルニアなら)未経験でも15ドルくらいからスタートで経験を積めば20ドルは優に超えるそうです。

今日本で時給2000円を超えるくらいの月収のある人って正直少ないですよね。しかもそれらの殆どの人がデスクワークでストレス溜めまくりながら何とか稼いでるって感じだと思います。

これしかも生活費が比較的低い田舎町でのお話ですよ。これなら仕事をしながらパートタイムで大学にも通えそうですので丁度良い選択肢だと感じています。

日本ならフルタイムで働きながら学校なんてかなりキツイですからね。